CONTENTS

低酸素発生装置の開発

低酸素発生装置

標高6,000mまでの高地環境を再現できる低酸素発生装置を開発することで、低地にいながら低酸素トレーニングが可能となりました。

< 前の記事