対象
カケッコを速くしたい
マラソンを得意にしたい小学生の方(小学4年生〜6年生)
カケッコチェック
カケッコチェック
カケッコチェック
カケッコチェック

カケッコ×マラソンスポーツドックの特徴

カケッコやマラソンを得意にするには、小学生の間に走るための基礎体力を向上させることが大切です。
カケッコについては、3つのジャンプから50mの予測タイムを算出し、足を早くするための課題が明確になります。
マラソンでは速く走るために体内で利用できる酸素量などを検査し、マラソンを得意にするための課題が明確になります。
カケッコ×マラソン検査は、さらに運動を得意にしたい小学生を応援する検査です。

検査内容MEASUREMENT

身体組成検査

カケッコ、マラソンを得意にするためには、筋肉量や脂肪量も関係しています。
身体組成検査では、全身の筋肉・脂肪の量やバランスがわかります。
その結果から、さらにカケッコ、マラソンを得意にするために必要な食事のアドバイスを行うことができます。具体的には、筋肉を増やすために必要なタンパク質量や、脂肪を減らすために身につけたい習慣などを知ることができます。

筋力検査

カケッコを速く、マラソンで速いペースをもっと楽に維持するためには、下半身で大きな力を発揮できることが大切です。
筋力検査を行うことで、ダッシュのスピードを速くしたり、マラソンを楽に走るための力がついているかがわかります。
また、左右の筋力のバランスが整っているかもわかります。

持久力検査

マラソンでは長時間身体を動かし続ける持久力が必要です。
身体は酸素を利用してエネルギーを作っています。持久力検査では、体内で利用できる酸素の最大量である最大酸素摂取量を検査します。それと同時に、呼吸が乱れ始めるポイントである換気性作業閾値や、ランニング時の効率を表すランニングエコノミーも検査し、さらにマラソンを得意にするための課題を明確にします。

瞬発力検査

カケッコやマラソンのラストスパートで大切な、ダッシュのスピードを調べます。
さらに瞬発力検査ではダッシュのスピードだけでなく、ダッシュを繰り返す能力も調べます。
ダッシュを繰り返す能力が高いと、試合の中でダッシュを何度も行うサッカーやバスケットボールなどの競技でも活躍できます。

跳躍力検査

跳躍力検査では、連続ジャンプ、立ち幅跳び、ステッピングの3つの検査を行います。
連続ジャンプは足のバネ、立ち幅跳びは下半身のパワー、ステッピングは敏捷性を調べる検査です。
これら3つの検査から50mの予測タイムが分かり、さらにマラソンで速いペースを維持するためのトレーニング方法もわかります。

レタス検査とは

カケッコ×マラソンスポーツドックで行うレタス検査は、JPARC研究員が開発した、連続ジャンプ、立ち幅跳び、ステッピングの3つの検査の頭文字を取って名付けられた検査で、この3つの検査結果から50m走予測タイムを算出することができます。
どうして3つの検査で50m走タイムを予測できるのでしょうか。

レタス測定とは

連続ジャンプについての科学的知見

連続ジャンプでは、足のバネの力を評価しています。
速く走るには接地時間を短くしてストライドを大きくすることが重要で、これには足のバネの能力が関係してきます。
私たちの研究でも、小学生において連続ジャンプで評価する、足のバネの強さを示すRJ-Indexと50m走タイムとの間には関係があることがわかりました。
またRJ-Indexはマラソンを得意にするためにも大切な能力であることもわかりました。

連続ジャンプについての科学的知見

立ち幅跳びについての科学的知見

立ち幅跳びについての科学的知見

立ち幅跳びは、どれだけ前方向に跳べるかという検査です。前方にできるだけ遠く跳ぶためには、地面をできるだけ力強く後ろに蹴らなければなりません。
カケッコやマラソンで走る時には強い力で地面を後ろに蹴らなくてはなりません。このように、速く走る時の地面への力の加え方と、立ち幅跳びで遠くに跳ぶ時の地面への力の加え方は非常に似ています。
私たちの研究で、立ち幅跳びの距離と50m走タイムには強い関係があることがわかりました。

ステッピングについての科学的知見

ステッピングは足の敏捷性(素早さ)を示す検査です。立った姿勢でその場でステップを行い、5秒間で何回のステップができたかを評価します。
ステッピングは走っている時のピッチと関連することが知られており、ステッピングの回数が多いと足の回転も速くなります。
私たちの研究でも、ステッピングの回数と50m走タイムには相関関係があることがわかりました。

ステッピングについての科学的知見

持久力についての科学的知見

持久力についての科学的知見

各グラフの横軸がマラソン能力の指標(vVO2max)、縦軸はそれぞれVO2max・vVT・REを表しています。これらの数値が高いほど、マラソン能力を表すvVO2maxが高いことがわかります。

中塚英弥, 家吉彩夏, 武田到範, 山下典秀, 森寿仁, 山本正嘉 (2017). 児童期男子において持久走パフォーマンスが向上する要因: 最大酸素摂取量, 換気性閾値, ランニングエコノミー, および発育の影響との関連から 体育学研究, 62, 2, 621-629.

マラソンの成績の大部分は、体内で利用できる酸素の最大量(最大酸素摂取量: VO2max)、呼吸が乱れ始めるポイントを示す換気性作業閾値(vVT)、マラソンのエネルギー効率を表すランニングエコノミー(RE)によって決まります。私たちの研究でも、これらの数値とマラソンの能力を表す指標(vVO2max)との間に関係があることがわかっています。これらの能力でマラソン能力の70%を説明できると言われています。

当日の流れSCHEDULE

STEP1 予約・更衣 ご予約いただいた日時に当該施設にお越しいただきます。
STEP2 説明 カケッコ×マラソンスポーツドックの検査内容をご説明いたします。
STEP3 検査 基礎体力の検査を進めていきます。
ご不明な点はお尋ねください。
STEP4 フィードバック 検査結果から基礎体力についてご説明いたします。

料金FEE

14,300円(税込)