対象
どのスポーツに向いているか知りたい小学生の方
(4年生~6年生)
タレント発掘コース
タレント発掘コース
タレント発掘コース
タレント発掘コース

タレント発掘スポーツドックの特徴

科学的な測定で才能を分析した結果から、スポーツ科学の専門家がお子様の隠れた才能を発見することで、お子様に合ったスポーツが分かるコースです。
スポーツ科学の第一人者である福永哲夫を筆頭にJPARC(日本身体能力研究所)の研究員は、これまでサポートしてきた野球・サッカー・バスケットボールなどのプロ・オリンピック選手のデータからそれぞれの競技での基礎体力の特性を見出し、科学的知見からタレント発掘スポーツドックを確立しました。
基礎体力を数値化することで、お子様に合ったスポーツがわかるだけでなく、その他のスポーツについても5段階評価でどの程度向いているかがわかります。

フィードバックFEEDBACK

検査内容MEASUREMENT

身体組成検査

多くのスポーツで、筋肉量はスポーツパフォーマンスと密接な関係があります。身体組成を検査することで、スポーツを行う上で十分な筋肉量がついているかがわかります。
検査結果からタレント発掘スポーツドックで選択されたスポーツのパフォーマンスを向上させるために摂取すべきタンパク質量やエネルギー摂取量など、食事やトレーニングのアドバイスも受けられます。

視力検査(スポーツビジョン)
スポーツビジョン
JPARCデータ

スポーツビジョンはスポーツに必要な「視る」能力です。スポーツでは脳に入る情報の9割を視覚が占めていると言われています。
眼の能力は、あらゆる方向から速く動くものを正確に視る能力、広い視野で視る能力、視たものに対して素早く反応する能力などがあります。競技ごとに求められる眼の能力は異なるため、様々な眼の能力を検査し、適したスポーツを判定します。

上肢・下肢パワー検査

多くのスポーツでは高い筋力・パワーが必要とされ、それらの大きさは競技パフォーマンスと強く関係します。
重視される筋肉は競技ごとに異なり、上肢の筋力が競技成績に関係する競技もあれば、下肢の方がより重視される競技もあります。上肢・下肢のパワーの両方を検査し、競技ごとに求められる筋力・パワーを評価することで、適したスポーツを判定します。

スポーツビジョン

野球選手におけるボールの投球速度とメディシンボール投げで測定した上肢パワー(Push CT-index)の関係。パフォーマンスには上肢のパワーも関与していることがわかっています。
比留間 浩介, 尾縣 貢 (2011) 各種パワー発揮能力からみた野球選手における投球と野手の基礎体力特性〜フィールドテストのデータをもとに〜体育学研究, 56, 1, 201-214

持久力検査
上肢・下肢パワー

マラソンの平均速度(Vma)と最大酸素摂取量(VO2max)の関係
最大酸素摂取量が高いほど、マラソンの平均速度が速いことがわかっています。
Sjödin B, Svedenhag J(1985)Applied physiology of marathon running. Sports Med 2 (2),83-99.

マラソンやサッカーのように長時間身体を動かし続ける競技では全身持久力が必要になります。
持久的な運動では酸素を用いてエネルギーが作り出されているため、体内で利用できる酸素の最大量を表す最大酸素摂取量が高いほど持久力が優れています。最大酸素摂取量から全身持久力が求められるスポーツに適しているかを判定します。

瞬発力検査

多くの競技で速く走る能力が求められます。短距離走のように単発のダッシュのスピードが重視される競技もあれば、サッカーやバスケットボールなど、速いダッシュを何度も繰り返す能力が求められる競技もあります。 
瞬発力検査ではダッシュのスピードと同時に、速度を維持してダッシュを繰り返す能力を検査します。

瞬発力

自転車を24秒の休息を挟みながら6秒×5セット全力で漕いだ結果です。間欠的な運動が行われるチームスポーツ(サッカーやバスケットボール)の選手の方がトライアスロンや自転車などの持久的なスポーツを行っている選手よりも間欠的な運動を行った時のトータルの発揮仕事量が大きくなっています。

Bishop DJ, Hill-Haas SV, and Goodman C (2006) Comparison of muscle buffer capacity and repeated-sprint ability of untrained, endurance-trained and team-sport athletes. Eur J Appl Physiol, 96, 225-234.

跳躍力検査
跳躍力

バレーボール選手におけるリバウンドジャンプの成績(RJ-Index), 垂直跳び(CMJ)の跳躍高と助走してスパイクジャンプを行ったときの高さ(SPJ1, SPJ3 1と3は助走の歩数を示す)の関係、リバウンドジャンプ、垂直跳びといった跳躍測定の成績と実際のスポーツで行う跳躍のパフォーマンスが関係していることがわかります

岡野 憲一, 山中 浩敬, 九鬼 靖太, 谷川 聡: 伸張-短縮サイクル運動の遂行能力からみたトップレベル男子バレーボール選手の跳躍パフォーマンスの特性, 体育学研究 62, 105-114,2017

バレーボールやバスケットボールをはじめ多くのスポーツでは跳躍能力が優れているほどその競技で活躍できる可能性は高まります。
また跳躍能力は足の速さなどとも強く関係することがわかっており、陸上短距離選手も跳躍能力が優れていることなどもわかっています。
跳躍能力は脚のパワーやバネなど多くの要因によって決まります。様々な種類のジャンプを行い、適したスポーツを判定します。

アジリティ検査

バスケットボールやサッカーでは、試合中に何度も方向転換が行われます。
このように状況に応じて素早く方向転換を行う能力をアジリティと言います。アジリティが優れているほどボールに素早く追い付いたり、相手の動きを阻止することができるため、球技のパフォーマンスが高まります。アジリティに大きく関わる方向転換能力の検査を行い、アジリティが求められるスポーツに適しているかを判定します。

アジリティ

サッカーにおけるプロ選手とアマチュア選手が方向転換走(5m×10往復)を行った時のタイムの差プロの選手の方が短いタイムで走ることができています

Kaplan T, Erkmen N and Taskin H (2009) The evaluation of the running speed and agility performance in professional and amateur soccer players. J strength Cond Res, 23, (3) 774-778.

骨年齢検査

子どもの基礎体力は成長度合いによる影響を受けるため、成長度合いも考慮して基礎体力を評価する必要があります。暦年齢が同じでも、成長度合いを表す骨年齢は異なることもあります。骨年齢を検査し暦年齢と比較することで早熟タイプか晩熟タイプかを判定します。
早熟・晩熟タイプの結果から適正と診断されたスポーツや、トレーニングへの取り組み方へのアドバイスも行わせていただきます。
※骨年齢検査は、東京と浜松のみで実施可能です

骨年齢

JPARCデータ

左図 早熟・晩熟のイメージ図
右図 骨年齢と膝の筋力の関係
骨年齢と筋力は相関関係にあり、骨年齢が基礎体力に影響を与えることが考えられます。

当日の流れSCHEDULE

STEP1 予約・更衣 ご予約いただいた日時に当該施設にお越しいただきます。
STEP2 説明 タレント発掘スポーツドックの検査内容をご説明いたします。
STEP3 検査 基礎体力の検査を進めていきます。
ご不明な点はお尋ねください。
STEP4 フィードバック 検査結果から基礎体力についてご説明いたします。

※このコースはスポーツラボ東京・スポーツラボ浜松のみとなります。

料金FEE

22,000円(税込)